建築のこと

2021年1月28日 (木)

分離派建築会100年展

日本で初めての建築運動 「分離派建築会」

その100年を記念しての展覧会が京都で開催されており、

その一員である、山田 守の流れを受け継いだ大阪山田守建築事務所出身の私としては

是非とも見ておかなくてはということで、感染症対策万全の上京都国立近代美術館まで行ってきました。

Dsc_2634
おかげ?で人も少なく、ゆっくり見学することができました。
Dsc_2624
9人の若い建築家が学生時代の卒業設計から実際に建っていく建物を通して、
建築に対するエネルギー「 我々は起つ 」 を感じることができました。
Dsc_2629
Dsc_2627

2020年2月 8日 (土)

アンビルドに込めた夢

大阪市の国立国際美術館にて、

1

現在インポッシブル・アーキテクチャー展(建築家たちの夢)が開催されています。

大阪での仕事のついでに見学してきました。


2
会場内には、各建築家のコンペ案や理想の建築物等の図面や模型が展示され、とてもエネルギーを感じる作品に
触れることが出来ました。
たとえアンビルドとはいえ、細部まで表現する各建築家の姿勢にとても刺激を受けました。
中でも
ザハ の国立競技場(実現するはずだった)のコーナーにあった実施設計図書の製本、模型が何かを訴えかけているように
思えました。
先日実際に出来上がった国立競技場と比べてみると、造形的な美しさではやはりザハ案のほうがいいなと率直に感じます。
これが建っていたならなぁ  と今更ながらちょっと残念に感じてしまいます。
しかしながら、建築物というものは改めて建築家のものではなく、施主に認められないと実現は不可能であるのも事実。
そのことを肝に銘じながら日々の設計作業をすすめようと実感して会場を後にしました。
3
フォト
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

生駒の家

  • 010 LDK夕景
    2015年竣工 奈良県 生駒市

白河の家

  • 020 和室
    福島県 白河市 2014年 竣工

結芽の家

  • 0012
    大阪府枚方市 2世帯住宅
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

建築工房 at ease 一級建築士事務所