« 大山崎にて | トップページ | 今年もグリーンカーテン »

2010年6月10日 (木)

これも時代の流れ?

近くにあった、プランテック・大江さん設計の建物。

P1020052

P1020053

某製薬会社の寮として存在していましたが、いつの間にか人が居なくなり、

看板が外され、備品の運び出し。そして解体のお知らせ。

しばらくすると、新聞の折込チラシに宅地分譲のお知らせが。。。

土地はまさにあの場所。

ついに解体が始まりました。

P1000402

ああなんて無残な姿。。。。。

建設して10年そこそこだと思うのですが、学生時代に少しお世話になり、

大江さんの作品に刺激を受けていた者としては残念でなりません。

それにしても簡単に解体せず、ほかに活用はなかったのだろうか?

寮だったので、高齢者の施設にするとか、何かありそうな気がするんですが。

設計者の気持ちとしてはとてもつらい気持ちでなりません。。。。

« 大山崎にて | トップページ | 今年もグリーンカーテン »

気になる建築」カテゴリの記事

コメント

ご自宅の近くにそんな建物があったとは!残念ですね。再生させてあげたら建物も喜ぶと思うのですが、わが国には建物再生の伝統がないのかもしれません。今、少しずつそういう文化が育ってきているような気はするのですが・・・。

そうですね。解体か再生かは、事業主の判断ですし、利益を追求していくと結果としてそうなるんでしょうね。それにしても最上階に食堂があったり、なかなかいい建物だったと思います。残念!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大山崎にて | トップページ | 今年もグリーンカーテン »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

生駒の家

  • 010 LDK夕景
    2015年竣工 奈良県 生駒市

白河の家

  • 020 和室
    福島県 白河市 2014年 竣工

結芽の家

  • 0012
    大阪府枚方市 2世帯住宅
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

建築工房 at ease 一級建築士事務所