« 太陽の塔? | トップページ | 陶 展 »

2009年5月 7日 (木)

千年家

  神戸・北区に行ったついでに、箱木千年家に行って来ました。

Hakogi006  

 

 

 

 

 

 

日本最古の民家とのことで、室町時代後期に建設されたと推定されているようです。

現存の建物は、横のダム建設に伴い移築されたようですが、それによって

江戸時代に改築されたものより、建設当時の姿に復元されたようです。

外観は、圧倒的に茅葺の屋根で占められ、入口を挟んで力強い土壁と縁側の開口部

に並ぶ柱が支えている非対称の形をしています。

Hakogi007  

 

 

 

  

 

 

 

全体的には、とてもバランスのとれた、とても美しい形状であると感じました。

内部は、にわ・だいどこ・おもて・なんど・うまやの空間で構成されていますが、

大屋根を支えるためか、開口部が少なく、暗い空間が広がっています。

Hakogi002  

 

 

 

  

 

 

 

この当時、鉋がなかったので、柱、床板の加工は、手斧(チョウナ)で仕上げられており

その時代の手仕事の跡がくっきり残っています。

特に床板の波打った表面は、外光に照らされてなめらかに輝いています。

Hakogi001  

 

 

 

  

 

 

 

ここに座って外を見ていると、懐かしく、ほっとした気分になります。

規格品、無機質な空間にはない、素材感のある、人が心を込めて造った

空間がそうさせてくれるのでしょう。

こんな手仕事の残る仕事をしていきたいですね。。。。

Hakogi003

   Hakogi004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Hakogi005 Hakogi009  

 

 

 

 

  

 

Hakogi008

« 太陽の塔? | トップページ | 陶 展 »

気になる建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太陽の塔? | トップページ | 陶 展 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

生駒の家

  • 010 LDK夕景
    2015年竣工 奈良県 生駒市

白河の家

  • 020 和室
    福島県 白河市 2014年 竣工

結芽の家

  • 0012
    大阪府枚方市 2世帯住宅
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

建築工房 at ease 一級建築士事務所