« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月26日 (金)

初雪

初雪
今シーズン初の雪です。
京都の計画地に現地調査で嵐山あたりまでやってきました。
寒くて観光客もほとんどいません。

2008年12月25日 (木)

とんでもないプレゼント

巷では、不況・不況といいながらも、やっぱり心踊るイブそしてクリスマス。

今日の午前中に提出予定の仕事をまとめるため、昨夜10時頃パソコンを再起動。

ところが、パソコンはあるところでフリーズ。。。。立ち上がらない!

何度やっても同じところでとまってしまいます。

気がつくとイブを過ぎてクリスマスへ。。。。。。。。。。。。。

なんかとてもいやな予感  

まさかこんなに突然やってくるとは。今年のサンタはとんでもないプレゼントを

用意してくれたみたいです。

なんだかんだ触りまくってやっと明日提出の図面データだけはなんとか取り出せたので、

とりあえず別のPCで最後の仕上げ作業に入り、終了したのは午前4時過ぎ。

提出に間に合ってほっとしたものの、パソコンが気になる。。。。。

朝から再度立ち上げに挑戦したものの、状況は変わりませんでした。

サポートにTELすると、ハードの交換しなくてはいけないとか・・・・

あー  最悪のクリスマス!

データが取り出せない!!!

年明けに住宅コンペの提出なのに、今までの作業が。。。。。

こんなんで年を越すなんて。  だれか助けてー

2008年12月18日 (木)

お互いの視線

葉山の家にて。

バージョンUPのついでに、あまった材料を頂き自作しました。

隣地に住宅が建ち、お隣さんとの視線が気になるため、窓はブラインドを締めっきり

との事。

ある方向の角度さえ遮ることができれば、明るい日差しが入ってくるのに。。。。

という事で、あまった外装材を用いて目隠しルーバーを造ってみました。

002  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

うーん、なかなか。。。。。自分なりにはよく出来たと思っています。

もちろん取り外し可能で、多少角度も変えられます。

ブラインドを上げると、冬の柔らかい日差しが室内に広がります。

001  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

リボスのオレンジ色の塗料が、光をさらに和らげてくれます。

とても綺麗なグラデーションです。

これでお互いに視線を気にすることなく過ごすことが出来るでしょう。。。。

2008年12月17日 (水)

有効利用

新たに階段を設置したので、不要になったはしごは撤去せずに再利用しました。

もったいないし、廃材をだしてはいけません。

 Dscf1967

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

板材を加工して、それぞれの段にセットしていくと。。。

Dscf1968  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

このように飾り棚に変わりました。

仕上げは、柿渋+黒べんがら塗装のうえにリボス クリアワックスです。

うまく再利用できました。

2008年12月16日 (火)

WALL ART?

街を歩いていて、ある、ビルの壁面が気になりました。

誰かの落書き?   

と思ったら、植物の蔦が綺麗なラインアートを描いていました。

思わず写真に残しました。

Dscn8838 

 

 

 

  

 

 

美しくないですか?

2008年12月15日 (月)

街並み

ある、洋館の見学に神戸まで行ってきました。

昨日の忘年会のお酒がまだ残っていて少し気分が優れませんでしたが、

すばらしい建物と最高の天気が一気に回復させれくれました。

お見せできませんが、気持ちのいい空間を体験してきました。

ついでに附近をぶらぶら。

神戸・山の手だけあって、立派な家が建ち並んでいます。

特に目立つのが、この地域でとれる花崗岩を積んだ塀・建物が街並みを形成し、

なんとなく統一感のある景観を造り出していました。

Mikage002 Mikage004  

 

 

 

 

Mikage005 Dscn8835  

 

 

 

 

 

Mikage001  

 

 

  

 

 

たまたまあったからなのか、意図して使ったのかはわかりませんが、

とても美しい街並みとなっています。

住んでおられる方々の意識の高さをちょっと感じました。

歩きながら、ふと足元のグレーチングを観ると・・・・

Mikage006  

 

 

  

 

 

 

 

かつて大地震があったことを思い出させてくれました。

人々はこれを見るたび、あの日の事を思い出すんだろうなぁと、

複雑な気持ちになりました。

もちろん、我々も忘れてはいません。 安全・安心な建物を造りながら・・・・・

2008年12月14日 (日)

手仕事の残る建物

久々の町家調査に行って来ました。

今日は、比較的綺麗に残っている町家が多く、嬉しい調査となりました。

Matiya015_2 Matiya016

 

 

 

  

 

 

ある町家にお住まいの方から、ここは築150年だよ。と教えていただきました。

この出格子に使われている釘は鍛冶屋さんがたたいて1本ずつ造ったものであるとか。

よく観てみると、確かに、不揃いの形ですが、今のように丸くない角ばった味のある

釘が打ち込んでありました。

Matiya010  

 

 

 

 

 

 

 

 さらに歩いていくと、雨どいの意匠にもすばらしい手仕事の跡が。。。

Matiya011_2  

 

 

  

 

 

 

 

 

2階屋根から外壁、付庇を通って地面までそれぞれの形状に合わせて、この家の

ためにつくられた形が流れるように取り付けられています。

Matiya012  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

こんな手仕事の残る建物を造っていけたら。。。。

造る人と造らせる人の想いが重なるといいものが出来るんですね。 

 

 

 

 

  

 

 

 

2008年12月12日 (金)

バージョンUP その2

空地であった隣地にも住宅が建ち並び、賑やかな街並みになってきたので、

多少プライバシーに配慮するため、バルコニーの手摺形状を変える工事を

行いました。

合わせて夏の日差し対策の手助けになるようにパーゴラを設置しました。

Terasu001  Terasu002_2  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 今までとは違った雰囲気になりました。

Terasu003  

 

 

 

 

夏場には、このパーゴラに日除けを設置してもらう予定です。

外観も以前より締まった感じでよくなりました。

Terasu004Terasu005  

 

 

 

 

 

Terasu006  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

  

 

材質はヒバ材に自然塗料(リボス)仕上げです。

2008年12月 9日 (火)

バージョンUP その1

早いもので、幼稚園年中さんだった息子さんもいよいよ小学生。

ちょっとは勉強しなさいとの思いをこめて、机の製作です。

とはいっても、1年生がまともな机になんて向かいっこないでしょう。

そこで、今回は、いくつかの「お勉強できる場所」を造ってみました。

一つは、塔屋の自分の部屋の勉強机。

Tukue004  

 

 

  

 

 

 

 

集成材をL型に設置した単純なもの。 将来はここで猛勉強の予定?・・・・・

もう一つはダイニングテーブル。

写真はありませんが、800×1900の木製テーブルです。

いつものように、座卓にもなる仕様です。

おかあさんと一緒に勉強できる今は、ここが一番でしょう。

そして、もう一箇所は、リビングの吹抜けに向かって足をぶらぶらさせながら

勉強?ができる空間。

Img304

こんなイメージでした。

 

 

 

 

 

 

出来上がってみるとなかなか気持ちのよい場所になりました。

Dscf1861  

 

 

 

  

 

 

トップライトとサイドライトからの光が柔らかくさしこみ、快適です。

Dscf1863  

 

 

 

 

 

 

床はリビング空間にも光が落ちるように木製ルーバーにしています。

この上にはアクリル板を載せる予定です。

下から見ると。

Dscf1884Dscf1911  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

逆に、夜は下からの光がルーバー越しに射し込んできて、一杯飲みたくなる空間です。

Dscf1852  

 

 

  

 

 

 

 

これは、結果的に親たちの喜ぶ空間???

いずれも本物の木の手造り家具です。 大切に使ってね。。。。。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

生駒の家

  • 010 LDK夕景
    2015年竣工 奈良県 生駒市

白河の家

  • 020 和室
    福島県 白河市 2014年 竣工

結芽の家

  • 0012
    大阪府枚方市 2世帯住宅
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

建築工房 at ease 一級建築士事務所