« 京町家調査 | トップページ | 地下駅の新しい試み »

2008年10月28日 (火)

空地の住人

先日の京町家調査での一風景です。

Awadachi  

 

 

  

  

 

 

 

地上げに遭って解体されてしまったであろう町家の跡と思われます。

そこに鬱蒼と茂るのは、ご存知 「セイタカアワダチソウ」

この時期黄色い花が咲くのでよく目立ちます。

キク科の帰化植物(外来種)だそうです。 

凄い繁殖力ですよね。

名前の由来は、花が泡立つように咲くところから付けられたようですが。。。

気にしてみると結構あちこちに見つけることが出来ませんか?

しかも、こういった荒地や空地などの人のあまり立ち入らない所に。。。

管理の手が入らないのを知っているかのように堂々と咲いています。

あまり目にしたくない、増えてほしくない植物だなと感じてしまいます。

« 京町家調査 | トップページ | 地下駅の新しい試み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

京都の町って、古いものがよく保存されていると思っていましたが、一般の人が暮らす町並みは開発や住民の高齢化によって手入れ出来ていない所も多いんですね。意外でした。がんばって調査してください。

そうですね。特に裏路地にある町家などはほとんどが長屋で賃貸だと思われます。住人だけではどうする事もできないんでしょうね。普段あまり目にすることのない歴史都市・京都が見れて、色々考えさせられます。これからも報告していきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京町家調査 | トップページ | 地下駅の新しい試み »

フォト
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

生駒の家

  • 010 LDK夕景
    2015年竣工 奈良県 生駒市

白河の家

  • 020 和室
    福島県 白河市 2014年 竣工

結芽の家

  • 0012
    大阪府枚方市 2世帯住宅
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

建築工房 at ease 一級建築士事務所