2018年11月 7日 (水)

ようやくこのあたりにも紅葉がやって来ました。

P1000015

2018年11月 5日 (月)

オリジナルキッチン

金物と造作で造ったオリジナルキッチン

20180622090
天板はステンレス。
木の空間にはステンレスがとても合います。
腰はモルタル仕上げ。
ブロックも考えたのですが、今回はモルタルを使用しました。
ちょっと重厚感が出ます。
ひび割れに注意が必要ですが、注意して施工していただきました。
パインの無垢フローリング、木壁に黒塗装、ステンレスとモルタル。
いい感じでコーディネートできました。
20180622063キッチン側はごくシンプルに。
IHコンロと食洗機のみとし、いくつか棚を設けることで、収納を後で設置したり
カスタマイズできるようにしておきました。
シンク下はオープンにしてごみ置きBOXが置けるように。
Kitchen
最低限の設備でも機能的に使え、コストも抑えられたキッチンになりました。

2018年10月23日 (火)

建築家設計の空間

先日、信州を旅してみて。

安曇野の北に位置する池田町のあるカフェレストランへ立ち寄りました。
特にお目当てではなく、地元の紹介パンフレットをみてそのうたい文句に惹かれ
行ってみることに。
行ってみるとなんとなく建物のたたずまいがよく、中に入ってみたくなりました。
Naga04
早速中に入ってみて感じたことは、


使われている素材が自然素材で温かみがあり、空間の構成・窓の開け方もすばらしく、
建具のデザインもシンプルモダンで見て・触ってとても心地よい気分になります。
Naga01
食事をいただきながら、心地よい空間を堪能し、少しゆったりさせていただいた後、 
オーナーさんに少しお話を聞くことが出来ました。
8年ほど前に東京から移住されたとのことで、建物の設計はどなたがと尋ねると、
地元の建築家さんに設計をお願いたとの事。
建売やHMではなく、やはりそうでしたか。。。と納得。とてもいい空間です。
地元の雑誌に載った記事を見せていただきとても嬉しそうにお話されていたのが
とても印象的でした。
Naga02
具体的にどこがどう違うのかというのは一言では言えませんが、いい建物には特有の
雰囲気、住まい手・設計者・施工者の家づくりに対する愛情のようなものが感じる気がします。
ちょうど今、相談を受けている物件でクライアントさんがハウスメーカーにするか我々に
するか悩まれているのを思い出しながら改めて、他の建築家さんの設計した空間に身を
おいてみて思うことは、、、、、
建築家設計の空間はやはりいい!
という事です。
分かっていただけるかどうかはクライアントさん次第なのですが。。。
Naga03
建築家との家づくりを楽しんでください!!

2018年10月18日 (木)

アライメントしてもらいました。

タイヤを新しく交換するのに伴い、アライメントを行いました。

Arai
それまでの走行時では、特に問題なく快適に走ってましたが、
見てもらうと、前輪右が少しゆがんでるとの事。
早速調整してもらいました。
タイヤの寿命に影響するようですので。。。
今はなんとなくよりスムーズな走りになったような感じ?がします。


2018年10月16日 (火)

ようやく完成写真が出来ました。

丘の上のいえ

写真家さんに撮影していただきました竣工写真が出来上がりました。
20180622147

アルバム作成しました。 こちらから 



2018年10月15日 (月)

打合せ帰りに一杯

久しぶりに 「うまっしゅ」 さんで打合せ。

テーブルを少し改良したいとの事でのご相談に伺ってきました。
使ってみて分かること、こうしたらもっと使いやすくなるのでは。。
と話し合いながらとりあえずの方向を出し終了。
せっかくなので営業時間に合わせて一杯いただいてきました。
Dsc_1233_2


Dsc_1234

Dsc_1235

2018年10月 8日 (月)

夕焼けの朱雀門

平城京跡周辺を散歩。

こんな綺麗な景色に出会えました。
Dsc_1224
夕焼けの生駒山とライトアップされた朱雀門。
近くに住んでる者の特権ですね。
感動です。

2018年9月27日 (木)

秋の空

すっかり秋になってきました。
平城京跡で見る朱雀門から若草山。
秋の空も気持ちいい。

1538033730043.jpg

週末にまた台風が直撃しそうです。
気をつけましょう。
被害がおきませんように。。。

2018年9月 7日 (金)

滋賀まで

滋賀・佐川美術館で開催中の「 田中一村 展 」に行ってきました。

Siga01
以前、万葉美術館でも見たのですが、何時見てもあの繊細で鮮やかな花鳥画に
魅了されます。
久しぶりの佐川美術館ですが、琵琶湖畔に合う、雄大な建築でした。
Siga02
ここまで来たついでに、近江八幡まで足を伸ばし、「 ラコリーナ 」に
向かいました。
Siga04
夕方だったせいか人はまばらで、ゆっくり見て廻ることができます。
前回よりも建物が増えていて、藤森ワールドに浸りました。
Siga05
今回、2つの建物を見て廻って、どちらの建物にも「軒下空間」があり、
とても興味深く感じました。
佐川の軒下空間
Siga03
ラコリーナの軒下空間
Siga06
設計者、素材の違いによって、同じ空間でもこんなに雰囲気が変わります。
どちらもいい空間です。

2018年8月30日 (木)

市街化調整区域で家を建てる。1

先日竣工しました、丘のうえのいえ

そのときおこなった申請について、書いてみたいと思います。

土地の中には、市街化区域と市街化調整区域があり(細かくは都市計画区域というくくりの中ではありますが)

今回は、市街化調整区域での住宅建築ということで、工事着工までは、いくつかの壁を

乗り越えなければなりません。

計画的に市街化を図ることを目的とした市街化区域

市街化を抑制すべきとした市街化調整区域

そのような調整区域での申請プロセスについてどのようなものがあるのかを

順を追って書いていきます。

«松本にて

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

生駒の家

  • 010 LDK夕景
    2015年竣工 奈良県 生駒市

白河の家

  • 020 和室
    福島県 白河市 2014年 竣工

結芽の家

  • 0012
    大阪府枚方市 2世帯住宅
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

建築工房 at ease 一級建築士事務所